各種分娩について

画像:分娩室

リラックス分娩

当院では、お母さん方にリラックスしてお産をしていただくためにLDR室をご用意しております。
このLDR室は、〔Duett〕(デュエット)となづけましたが、デュエットとはラテン語で、汝、ともに語ろう、ともに謳おうという意味です。
この部屋で、新しい生命の誕生を祝い、お母さん、お父さん、ご兄弟、そして、ご家族の方々に、産まれたてのあかちゃんと対面し、語っていただきたいという思いをこめました。

陣痛が強くなりますと、個室からLDR室に移動していただきます。室内では、ディスプレイでテレビ番組を視聴することもできますし、また、ディスプレイ画像、室内照明と連動した各種のリラックス音楽を聴くことができます。
この当院オリジナルのLDR室(デュエット)でリラックスしてお過ごしください。

なるだけ、全身の力をぬいて、ゆっくりと呼吸をし、あかちゃんにたくさんの酸素がいくようにしてあげてください。とくに、下半身に力がはいると、子宮口は開きにくく、あかちゃんも下がりにくくなります。おかあさんも、あかちゃんといっしょにリラックスしましょう。

さて、お産が進行し、ますます陣痛が強くなり、どうしても力がはいってしまうというときになれば、今度は、ラマーズ法による呼吸法をためしてみてください。
ただし、このときも全身の力は抜いておくことが大切です。さあ、そして、子宮口が全開大になり、あかちゃんのあたまも下がってきたあとは、陣痛のときに、少しきばってみてください。あせる必要はありま せん。充分、呼吸を整えてからで結構です。

そして、陣痛がおさまっているときには、どうぞ、リラックスして、ゆっくりと深呼吸をして、あかちゃんに酸素をあげてくださいね。
子宮口が全開してからあかちゃんと会えるまで、さほど時間はかからないと思いますよ。

基本的には、自然に陣痛がきてスムーズにお産がすすむ 、自然分娩を理想としています。
しかし、陣痛が弱くて、あかちゃんが下りてこない、陣痛が始まって何時間も経過しているのにお産がすすまない、などというときは、ご相談のうえ、陣痛を少し強くするお薬の投与(当然、分娩監視装置でモニターの上です)など、医学的処置を加えさせていただくこともあるかとおもいます。

お産に時間がかかりすぎるということは、お母さんへの肉体的・精神的負担も極限に達しますし、それと同時にあかちゃんへのストレスもままならないものがあります。
できるかぎり、負担の少ないお産を目指しましょう。

画像:誘発分娩

誘発分娩

出産予定日をかなり過ぎてしまったのにお産の兆候がない
骨盤が広い方ではないのに、赤ちゃんが大きくなりすぎて難産になるのではないか?
などの場合には、可能であれば誘発分娩を行っています。出産を予定した前の日に入院していただき、子宮口を開く処置を行い、自然に陣痛が来れば良いですし、来なければ翌日より陣痛を起こすお薬を使用します。それ以外の経過は、リラックス分娩と同じです。

画像:無痛分娩

無痛分娩

アメリカやフランスの一流の病院では、一般的に、この方法でお産が行われています。
まず、陣痛が始まった時には背中から非常に細かいチューブを硬膜外腔というところに挿入しておきます。
その後、陣痛の強さにより局所麻酔薬をそのチューブから注入していくのです。
そうしますと、陣痛の痛みはほとんど感じなくなります。
この麻酔法は、痛みだけを取る麻酔法ですから、意識はちゃんとありますし、手足も自由に動き、歩くことだって出来るのです。また赤ちゃんが通ってくる産道の筋肉はゆるみ、お母さんもリラックスできますので、赤ちゃんへのストレスは少なく、また、分娩時間も二分の一から三分の一に短縮されます。
時に、麻酔のために陣痛(子宮の収縮力)が弱くなる時がありますが、そのような時には、陣痛を強くするお薬を使いコントロールします。麻酔薬の赤ちゃんへの影響やお母さんへの副作用もほとんどありません。
このように、硬膜外麻酔による無痛分娩は、お母さんと赤ちゃんへの負担の少ない優れた分娩法なのです。
いままで日本では、お母さんに大きなストレスをかけることの出来ない場合、例えば、高血圧や重傷の妊娠中毒症、それから、心臓病などのお母さんの分娩の場合にこの分娩法が用いられてきました。
それではなぜ、一般のお産でこの分娩法が普及していないのでしょうか?理由は二つあります。

一つは、日本人の昔からの意識の問題です。
お産は痛くて当然、お腹を痛めて産んだ子だからかわいい、耐えることが美徳だ、などなど。この問題は賛否の分かれるところでしょうが…。

二つめは、施設の問題です。
硬膜外麻酔という麻酔法が技術的に難しく、麻酔科医を必要とするということです。もちろん、大きな総合病院には麻酔科の先生はたくさんいますが、日々忙しく、硬膜外麻酔による無痛分娩のための時間はとれないのが現状です。患者さんが痛いと言われたら痛みを取りたい、と思うのが医師ですが、その気持ちはお産の時も同じです。
もしよろしければ、この医学的に一番進んだ硬膜外麻酔による無痛分娩はいかがでしょうか?

画像:帝王切開

帝王切開

経膣的にお産が不可能な時
分娩中にお母さんや赤ちゃんの状態が非常に悪くなった時
分娩が停止して進まなくなった時などには、お腹を切って子宮を切開し、赤ちゃんを取り出す手術をします。
これが帝王切開術です。
どうしても必要な時にはしなければならない手術ですので、万が一の時には、医師の説明を良く聞いて決定してください。一度、帝王切開術をした場合は、次の分娩からも帝王切開術になる可能性が高くなります。それは、分娩時、陣痛の子宮収縮により前回の帝王切開術の時の子宮の傷が破れることがあるからです。
この合併症は、頻度は低いのですが、起こった時には母子ともに危険な状態になります。
このような理由から、前回帝王切開術で分娩されたお母さんはは、次の分娩も帝王切開術で、と決めている施設が多いのです。

画像:夫立会い分娩

夫立会い分娩

もし、ご夫婦で話し合って、お産の時にご主人も立ち会いたいというということであれば、それも可能です。
陣痛室へ一緒に入っていただき、お母さんを励ましてあげてください。
「さあ、いよいよお産です!」という時には、服を着替えていただき、分娩室の方へどうぞ。すばらしい生命の誕生の瞬間をご夫婦で味わってください。
なお、ご希望の方は、あらかじめお申し出ください。

予約優先システムのご案内

当院ではより便利にご利用いただけるよう、WEB予約・受付システムを導入しております。スマホやパソコンから簡単に診察のご予約・キャンセルができます。
予約日前日に確認メールを配信します。
ネット予約だけでなく院内に設置しているタッチパネルモニターでも予約が可能です。
初診の方(診察券をお持ちでない方)はお電話で予約をお取りください。
予約システムについてご質問等ございましたらお気軽に受付までお問い合わせください。

PC、スマホからのご利用について

診察券(※)をお持ちではじめてネット予約サービスをご利用される方は、パソコンもしくは携帯サイトの「ご利用登録」より利用登録をお願いいたします。利用登録をしていただきますとパスワードがメールで送信されますので、【診察券番号】と【パスワード】でログインしてください。

当院では診療予約受付システム「@Link」を採用しています。
アットリンクは株式会社オフショアの登録商標です。

インフォメーション

TEL:06-6211-4114

WEB予約

COPYRIGHT(C) 飯島病院 ALL RIGHTS RESERVED.